読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人ときどきナースのブログ

旅人マナの平凡な毎日

平日の連休に暇だったので近所のスーパーからヒッチハイクしてみた話

看護師の皆さん!

 

 

「休み希望出してないのに、この謎の連休何っ!?しかも平日!!!」

 

 

ってことありませんか?

 

 

 

平日の連休は友達と休みが合わず、暇なこともありますよね

 

 

 

平日のお休みにやることが思いつかなかった私は

 

 

 

大好きなカフェ巡りをしようとしたのですが、せっかく連休なので…

 

 

 

ヒッチハイク」してみることにしました!

 

 

 

f:id:piyopiyo212121:20170326044825j:plain

 

 

 

まず用意するものは

 

 

 

ダンボー

・太い油性マジック

 

 

 

近所のスーパーへ行って、油性ペンを買い、ダンボールをもらって

 

 

 

そのままスーパーで行き先をダンボールに書いてみることに!

 

 

 

暇だったから始めようとしたヒッチハイクなので、特に行きたいところもなく

 

 

 

その時肌寒かったので、とりあえず

 

 

「南の方」とダンボールに記載

 

 

 

どこからヒッチハイクをするか迷って

 

 

 

結局スーパーの前の道路から始めました

 

 

 

 

※これからヒッチハイクをやる予定の皆さん!

ヒッチハイクを始めるときは高速のインターチェンジの近くまで友達とかに車で送ってもらって、そこから始めるといいみたいです!

自称ヒッチハイク上級者の人に聞きました!

 車にのせてもらいやすい場所に行くのがコツらしいです!

 

 

 

 

近所の人に見られたら恥ずかしいな〜と思いつつ、いざヒッチハイク開始!

 

 

 

 

 

運転手さんの顔を一人ひとり見ながら、行きたい場所を書いたダンボールをアピール 

 

 

 

 

なぜか爆笑してる運転手さん

怪訝そうな顔の運転手さん

無表情の運転手さん

 

 

 

 

いろんな運転手さんが居ておもしろい!!!

 

 

 

 

通行人の人も話しかけてくれます

 

 

 

 

「外国の人ですか?こういうのやってる人テレビで見たことあります〜」

と言われて

 

「日本人ですよ〜。あの病院(自分の勤めてる病院を指さして)で看護師として働いてますよ〜」

 

 

と返答

 

 

いま振り返ると病院の信用を損ねそうなので言わなきゃ良かったと思います

 

 

 

 

 

そんなこんなで一度通り過ぎた通行人の人が車に乗ってまた戻って来てくれて

 

 

 

車に乗せてくれました!

一人目です!

 

 

 

車に乗せてもらって第一声が

 

 

 

「南の方って何!?」

「これじゃわからんぞ」

 

 

といろいろ教えてくれて

 

 

 

ダンボールが一枚しかなくて、裏には字がプリントされてるから書き直せないのでこれでいきます」と言うと

 

 

 

家に広告のチラシがあるからもってくるわと言って

 

 

 

自宅に寄ってチラシを沢山とってきてくれました

 

 

 

「行き先が決まってない」と言うと

 

 

 

「京都辺りにしときなさい」と言われて

 

 

 

京都はなんか違うな〜と思って大阪にしました!

 

 

名古屋からは方角でいうとたぶん南です!

 

 

 

「このまま大阪連れて行ってあげてもいいけど、面白くないでパーキングエリアで降ろしてあげる」と言って、大きなパーキングエリアで降ろしてくれました

 

  

 

パーキングエリアで再びヒッチハイク開始!

 

 

 

パーキングエリアは人が車から降りてくるため「こんにちは〜」と挨拶しやすいので、車に乗せてもらう人が見つかるまでの待ち時間も楽しいです

 

 

 

「お姉さん、頑張って〜」と応援してくれる人もいます

 

 

 

パーキングエリアのトイレの清掃のおばさんは

 

 

「女の子が一人でやるなんて!男の子は見たことあるけど!危ない!」

 

「私の息子呼ぼうか!仕事か…」

 

「絶対男の人一人の車に乗っちゃダメ。家族連れか、女の人!わかった?」

 

 

 

とすごく心配してくれました

 

  

 

実際あきらかに見た目が怪しい年齢不詳、職業不定の人が近づいて来そうになったときはとっさにチラシを閉まってコンビニの中へ

 

 

 

パーキングエリアで次の車が見つからないのは困るな〜と思ったので、再びヒッチハイク開始!

 

 

 

二人目の方はトラックの運転手さん

 

 

 

大阪出身の同じ年の男の子

 

 

  

車内では最近この辺りで女の子が誘拐されたという話をずっとしてくれました

 

 

 

実家でたこ焼きパーティーでもやる!?

と提案してくれて(関西っぽい)

 

 

 

お母さんに電話かけてくれたのですが、弟がインフルエンザなので断念

 

 

 

「せっかく大阪来たからたこ焼き食べたい」というわがままな私をたこ焼き屋さんまで連れて行ってくれて

 

 

 

トラックを会社に戻して、再び自家用車でたこ焼き屋さんまで迎えに来てくれて

 

 

 

 

大阪の友達の家まで送り届けてくれました

 

 

 

ヒッチハイクをやってみて

 

 

 

沢山の人に心配をかけてしまい、

ものすごい罪悪感に襲われて

 

 

帰りは新幹線で帰りました

 

 

ヒッチハイクをしたことを事後報告すると「危ない!!!」と沢山の人からお叱りをうけました………